緑内障の発覚と静岡での治療の敬意

緑内障の治療を開始

中学生頃から眼科の検診を受けるたびに緑内障の疑いがあると言われてきました。
ただ、まだ若かったこと、それに様子を見ようという医師の助言もあって特段何もせずに過ごしていました。
視界が見えにくくなるなどの症状もなく、普段どおりの生活を送っていたのです。
20代半ばにとある静岡の眼科にて再度緑内障の疑いがあると医師に指摘されたので、一度きちんと検査を受けてみることにしました。
検査はそれほど時間がかかりませんでした。
その結果、通常よりも眼圧が高く、具体的な症状は現れていないものの疑わしいという結果になったので、治療を開始することにしたのです。

緑内障は、国内では中途失明の原因疾患の第一位。四十歳以上の日本人の二十人に一人がかかっているとされている。早期に発見し治療をすれば、失明する可能性は減ってきている。

緑内障に関心持って 聖隷浜松病院ライトアップ:静岡:中日新聞 https://t.co/XNnwCAG7mh

— 池田美智雄 (@MichioIkeda) 2017年3月14日

緑内障の治療を開始目に負担をかけないように心がけています40代以上になると2人に1人は緑内障

緑内障 治療 静岡静岡市清水区春日|秋山眼科クリニック|緑内障、白内障治療、糖尿病 ...